高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > ソーシャルシグナルは今後重要になる可能性はある

ソーシャルシグナルは今後重要になる可能性はある

Twitterやfacebookから発せられるソーシャルシグナルは、今後SEOを行う上でより重要となる可能性があります。これは2015年に行われたGoogleとTwitterの再提携が物語っていると言えるでしょう。ここでは、一度は解消された提携が、再度行われることになった経緯などについてご紹介しつつ、今後のソーシャルシグナルの重要性などについて探っていきます。

一度はTwitterを失ったGoogle

実はGoogleとTwitterは2009年に一度提携を行っています。しかしそれは2011年に解消されました。この際、Googleはリアルタイム検索を失っています。これはGoogleがTwitter社の持つ「Firehose(ファイヤーホース)」に提携解消によってアクセスできなくなったためです。そのため、Googleはツイートに通常と同じ方法でクロール、インデックスを行わなくてはいけなくなったのです。

こうした経緯もあり、GoogleはTwitterのソーシャルシグナルをうまくさばけなくなってしまいました。実際には、Twitterを効果的にクロールできるような実験も行ったようですが、結果的にクロールをブロックされてしまい、その施策は失敗に終わったそうです。

また、今後もこうした事態が起こる可能性を考慮し、再実行は控えていたとのこと。その他にもサーバーにかかる不可など総合的な判断から、GoogleはTwitterの自社攻略をやめていたようです。

2015年の再提携による影響

2011年に解消されたGoogleとTwitterの提携解除ですが、2015年に再提携が行われました。これによりGoogleは再度Firehoseへアクセスできる権利を得ます。詳しい利用法については2015年5月の段階では明言されていませんが、リアルタイム検索の復活などが予想されています。

そして、もっとも気になるSEOへの影響についてもいまだ不明です。ただし、以前Googleはツイートの中にある発リンクを検索順位に反映していた経緯がありますから、これが復活しないとは言い切れません。

GoogleとTwitterの再提携の事例を見る限り、今後ソーシャルシグナルの重要性が高まる可能性は非常に高いと言えます。また、今回はあまり触れませんでしたが、facebookについても同様のことが言えるでしょう。Googleは発リンクの質や数などを見ながらランキングを決めていることは明らかですが、それがなかったとしても他の要素が関係し順位が決められています。良質なコンテンツはSNSで拡散されやすく、それによってアクセスが伸びればSEO的に良い影響が期待できます。こうした点からも、今後もTwitterやfacebookなどからのソーシャルシグナルは重要な要素となると言えるでしょう。