高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > ソーシャルシグナルが必要になる理由

ソーシャルシグナルが必要になる理由

Googleのマット・カッツ氏は2014年の段階で「ソーシャルシグナルは検索順位に影響しない」といったことを明言しています。しかしながら、TwitterやfacebookといったSNSから発せられるソーシャルシグナルはSEOにとって重要であることに変わりありません。今回は、ソーシャルシグナルの必要性について解説していきます。

検索エンジンはGoogleだけではない

SEOは「検索エンジン最適化」を表す言葉です。この検索エンジンとは、ほとんどの場合Googleを指します。そのため、ソーシャルシグナルと無関係であることを明言するGoogleのアルゴリズムのことを考えると、「SEO対策には利用できない」という結論に行き着くでしょう。しかし、Web上にはGoogle以外の検索エンジンも多数存在しています。特に注目したいのがYouTubeやTwitter、facebookなどが持つ検索エンジンです。

これらの検索エンジンはGoogleとは別の検索アルゴリズムを有します。そのため、それぞれの検索エンジンに対してソーシャルシグナルがSEO的に良い影響を与える可能性は少なくないでしょう。特にYouTubeは、世界第二位の大規模検索エンジンですし、Twitter検索も多くの人が利用している事実があります。

ユーザーが多く集まるサイトをGoogleが評価しないはずありません。経路は別だとしても、最終的に観覧者を増やすためにはソーシャルシグナルは重要であると言えるでしょう。

直接的な影響がなくても無視できないソーシャルシグナル

たとえばfacebookで多くの「シェア」や「いいね」を獲得した記事というのはそれだけ多くの人の興味・関心をひいた、ということになります。そしてそれだけ拡散をされたコンテンツは外部のサイトなどで取り上げられることも多くなり、結果として自然な被リンクが増える、ということにつながります。

こうした一例を見るだけでも、SNSがSEOに与える影響というのは大きいと考えられるでしょう。つまり、ソーシャルシグナルを増やすための施策というのは、直接的にランキングには関係がなかったとしても、最終的にはSEOに大きく付与する可能性があると言えます。

このように、ソーシャルシグナルはGoogleのランキングには直接影響を与えないまでも、間接的には大きな影響を及ぼすと考えられます。総合的にSEO対策を考えるのであれば、決して無視できないと言えるでしょう。