http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > 日本語のサイトで運用された中古ドメイン

日本語のサイトで運用された中古ドメイン

過去にその中古ドメインがどの言語で運営されていたかは非常に重要です。たとえば、中古ドメインを購入し、バックリンクに利用するのであれば日本語サイトのものを選んでおきましょう。ここでは、なぜ日本語で運営されていた中古ドメインがSEOにとって大切なのか? ということについてお伝えします。

ターゲットを合わせたいなら同じ言語の方が扱いやすい

中古ドメインが日本語サイトとして運営されていた場合は、その後作るサイトにメリットを与えてくれます。そのひとつが「ターゲット」を合わせられる、ということです。日本語サイトを作るのであれば、もちろんターゲットは日本人になるでしょう。さらに、ターゲットワードも日本語であることの方が多いので、同じテーマのコンテンツを作りやすくなります。

そのため、リンクポピュラリティ(ページランクやバックリンク)の引き継ぎが期待でき、さらにキーワードスコアもそのまま作用してくれます。場合によっては、新たにリンクを設置しないでもある程度の上位表示を獲得できる可能性もあると言えるでしょう。

日本のサイトなら日本のリンクがつくのが自然

中古ドメインにはあらかじめ被リンクがついているため、はじめからSEOに強い、という特徴があります。しかし、もしもその被リンクがほとんど海外からのものであった場合、自然と言えるでしょうか?

日本語サイトで運営されていた中古ドメインというのは、日本語サイトからのリンクが多い傾向にあります。そのため、作成するサイトの言語が日本語なのであれば、日本語サイトからの被リンクが多い方が自然だ、という考え方があるのです。効果についてははっきり断定できませんが、いかに自然なリンクがついているかを重要視するのであれば、無視できないポイントと言えるでしょう。

このように、日本語サイトとして運営されていた中古ドメインは、日本語のサイトを制作するのであれば大きなメリットがあります。中古ドメインの特徴をより効果的に利用したいと考えるのであれば、材料のひとつとして覚えておきましょう。

検索エンジンから評価されやすい

自然なリンクが多いと言うことは、検索エンジンからの高い評価を受けやすい、という期待が持てます。中古ドメインは購入し、内容を見てみるまで分からない部分も多いため、なかなか手を出せずにいる方も多いでしょう。その点公式サイトの場合は、用途さえマッチしていれば高い信頼性があると言えるのです。

中古ドメイン選びは非常に難しいものです。そんな中、公式サイトとして使われていた中古ドメインは、失敗を回避するひとつの判断材料となるでしょう。ドメイン名や過去の使用履歴などにもよりますが、マッチするものがあれば選んでおいて間違いのない中古ドメインのひとつです。