http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> googleパーソナライズド検索とは?

googleパーソナライズド検索とは?

「SEOのためにあるキーワードを調べてみたら、自分のサイトが1番上に来た」という出来事はとても嬉しいことです。しかし、実はそこに間違いが潜んでいる可能性があります。サーチ方法を変えて、本当に上位にあるのか確かめてみましょう。

ユーザビリティを高めたgoogleパーソナライズド検索

これは個人の興味や行動に応じて、サーチ結果を個人向けにカスタマイズしてくれるものです。たとえば、Googleは以下のような履歴を記録しており、それを反映しています。

・過去にサーチしたキーワード
・実際に訪問したサイトやクリックしたリンク
・ユーザーの所在地
・ソーシャルネットワークにおけるほかのユーザーとの関係性

これはユーザーにとってとても便利な機能です。たとえば、「キーボード」というワードを調べたとき、人によってそれが「パソコン機器」なのか「電子音楽」なのかが変わるはずです。普通であれば、どちらか一方の情報だけが欲しくて、もう片方は不用です。

そこで上記の機能では、今までの履歴に応じて「どちらの情報を欲しているのか」を独自に判断して結果を変えてくれます。

ユーザーに便利な機能でもSEOでは注意

パーソナライズド検索では、自分が作ったホームページを何度も確認していると閲覧数が多いためにそのサイトが1位に表示されるようになります。

「サーチ結果で1番になった」と勘違いしてしまうアフィリエイト初心者が多いですが、あくまでこれは自分用にカスタマイズされた内容のため注意したいところです。他人のパソコンで見てみると、何ページも後になってようやく表示されたということもあります。

分析するときはパーソナライズド検索を一時的にOFFにする

この方法は簡単なものでは2種類あります。1つはGoogleChoromeやFirefoxといったメジャーなWebブラウザに搭載されている、「シークレットウィンドウ」もしくは「プライベートウィンドウ」を使うことです。

これは自分が閲覧やダウンロードした履歴が残らないもので、パーソナライズド検索も無効化できます。もう1つは、結果のURLに「&pws=0」という文字列を直接追加することです。どちらも簡単な操作ですから、実践に手間取ることはほとんどないでしょう。

SEO分析をするときはgoogleパーソナライズド検索に注意しましょう。サーチ結果が独自にカスタマイズされており、「1番上にヒットした」と勘違いしてしまうかもしれません。インターネットを使ってSEO目的で特定のキーワードを調べるときは、かならず無効化してからにしましょう。