http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > ドメインエイジ(Way Back)はSEO的に重要なのか?

ドメインエイジ(Way Back)はSEO的に重要なのか?

中古ドメインを探す時、チェックしなくてはいけない項目のひとつとして「ドメインエイジ」というものがあります。ですが、これはSEOにどれだけ影響があるのでしょうか? 今回は、ドメインエイジが現在どのようにGoogleに見られているのか? チェックの方法は? といった部分について解説します。

ドメインエイジとは?

「エイジ=年齢」という意味が示す通り、ドメインエイジとはその中古ドメインの年齢のことです。ただし、少し注意しなくてはいけないのが、「取得した日=0歳」ではありません。中古ドメインのドメインエイジがスタートするのは、Googleにインデックスされた時からです。

現在、ドメインエイジの重要度は低い?

一昔前までは「ドメインエイジは長ければ長い程SEOに良い影響を与える」というのが一般的でした。しかし現在では、ドメインエイジはSEO対策として大きな効果がないと言われています。これはGoogleが正式に表明していることなので間違いないでしょう。とは言え、「そこまで」ということは効果がまったく0ではないということです。そのため、中古ドメインを比較する際には判断材料のひとつとして利用することをオススメします。

ドメインエイジを調べる方法

ドメインエイジを調べるにはさまざまな方法がありますが、有名なところではインターネットアーカイブのウェイバックマシーンの利用が挙げられます。別の記事でも説明していますが、インターネットアーカイブはサイトの過去の運営状況などを調べることができる便利なサービスです。

ここで注意すべきは、中古ドメインの場合はいくらドメインエイジが長いからと言っても過去にアダルトサイトなどが運営されていた場合は購入を控えるべき、ということです。前述した通り、ドメインエイジの長さはメリットもありますが、過去に誰かが使っていたという特徴もあります。そのため、誤った選択をしてしまうと逆効果となる可能性もあるため、十分に注意しましょう。