http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > アダルトドメインはスパムや相互リンクが多い

アダルトドメインはスパムや相互リンクが多い

過去にアダルトサイトが運営されていたドメインには、スパムや相互リンクが多いため中古ドメインとして購入するのにはリスクがあります。今回は、その理由についてご紹介していきます。

アダルトサイトはSEOが難しい

アダルトサイトというのは集客がしやすく、アフィリエイトなどでは稼ぎやすいジャンルと言われています。しかし同時に、SEO対策が難しい、という特徴も持っているのです。

アダルトサイトの場合、被リンク集を作成しメインサイトのドメインを強化するといった施策が難しく、さらに有料の被リンクを提供してくれるサービスもほとんどありません。自分で被リンクを作ろうにも、アダルトジャンルに対応したブログサービスは限られていますから、IP分散が困難。だからと言って、自前でIP分散サーバーを用意しようにも、レンタルサーバーはアダルトジャンルをNGにしているところも多く、アダルトOKだとしても費用が割高となっています。

無理やりなSEO対策がスパムを受けている可能性も......

こうした事情もあってか、アダルトサイトはかなり無理やりなSEO対策を行っている場合が多いと言えます。たとえば、騙しリンクを使った相互リンクや総合リンクなどがその例です。そのため、Googleからスパムと判定され、ペナルティを受けているケースも多いのです。

また、ずいぶん前に作られていたサイトの場合、当時は有効だったSEOテクニックだったとしても、今は完全にスパム判定がされてしまうようなものも多い傾向にあります。正攻法で対策ができなかったため、こうしたデメリットが起こるのでしょう。

こうした特徴があるため、過去にアダルトサイトが運営されていた中古ドメインは基本的に避けておいた方が無難、と言えます。実際には優良なアダルトサイトだったかもしれませんが、それを見抜くためには多くの知識や調査が必要となるでしょう。ドメイン名が完全にマッチしているならともかく、リスクと手間があるのであれば選択しない方が良いと言えます。