http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > ヤフーカテゴリーからのリンクは効果がある

ヤフーカテゴリーからのリンクは効果がある

一時期まではヤフーカテゴリーへの登録はSEOに大きな効果がありました。しかし現在はあまり意味をなしていないようです。今回は、ヤフーカテゴリー登録の効果について考えていきます。

ヤフーカテゴリーへの登録は効果"ほとんど"なし?

現在、ヤフーカテゴリーに登録することによってGoogleの検索順位が上がることはほぼない、というのが一般的な考え方です。2008年頃から数年に関しては大きな効果があったようですが、現在ではまるで意味がないと言えます。

また、2014年にはYAHOO!(日本のヤフージャパンとは別です)では、ヤフーディレクトリが閉鎖されました。日本のヤフージャパンは引き続き継続していますが、これもいつ終了するかわかりません。こうした点からも、サービス自体の人気がないことが伺えるため、アクセスの向上にもほとんど寄与しないと言えるでしょう。

優良サイトであるかの確認にはなりますが......

とは言え、完全に効果がないとは言い切れないのも実情です。その根拠となるのは、ヤフー側による登録審査があることです。この審査には52,500円という費用がかかるのですが、その分しっかりとサイトのチェックを行ってくれています。無事掲載となれば、ヤフーから「優良なサイトである」というお墨付きを貰ったことになるわけです。こうしたサイトをGoogleが評価しないということはないでしょう。ユーザーにとって有益なサイトを検索結果に出すのがGoogleの仕事なわけですから、当然と言えます。

しかし、Googleからするとカテゴリー登録がされたサイトに対して大きな加点をすることはないと予想されます。なぜなら、ヤフーの審査を通ったから評価を上げる、というポリシーは同社にはありません。もしかすると、参考程度に考えられ、多少の加点があるかもしれない程度に留めておく方が無難と言えます。

ヤフーカテゴリーへ登録すること自体は悪いことではありません。お金はかかりますが、有料のリンクを購入しているのではなく、あくまで審査料だからです。Googleからペナルティーを受ける可能性は低いでしょう。ただし、費用をかけた分だけの効果があるか? と言われれば疑問が残ります。その結果については、あまり期待をしない方が良いかも知れません。