http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > クロスレコメンドや主要な有料カテゴリー登録は差ほど効果が無い

クロスレコメンドや主要な有料カテゴリー登録は差ほど効果が無い

日本にはクロスレコメンドやiディレクトリといった有料ディレクトリサービスがいくつもあります。数年前であれば、こうしたサービスに登録されることはSEO対策に非常に大きな効果を与えたため、料金を支払ってでも審査を受けるユーザーが数多くいました。

しかし、2013年にGoogleが行った施策でこの形が総崩れする事態が起こります。今回は、なぜ有料ディレクトリサービスがその効果をなくしてしまったのかについてご紹介します。

ディレクトリサービスが指導された理由と経緯

まずはGoogleのガイドラインについて確認しましょう。その中の一項目に、「ページランクを転送するリンクの売買は違反」というものがあります。つまり、お金を払って得た被リンクは無効であり、ペナルティを課すといった内容です。

日本のディレクトリサービスはこれを「あくまで審査料」として回避してきました。しかし、実質はほぼ審査が行われてなかったため、これをGoogleが2013年に指導したのです。(Yahoo!ビジネスエクスプレスに関しては厳しい審査が行われているため、ペナルティにはならないようです)

「nofollow」によってSEO効果は消滅

Googleが行った指導内容は発リンクに「nofollow」をつけるといったものでした。この「nofollow」とは、リンクはされているものの、それをGoogleが評価しない、といった仕組みのことです。

そのため、それまで流れていたリンクジュースが止まり、今ではSEO的にまったく意味がなくなってしまいました。この指導を受け入れず「dofollow」を強行するディレクトリサービスには重いペナルティを課すという勧告もあったため、ほぼすべての運営会社はそれに従っているようです。

もちろん、ディレクトリに登録されればユーザーがアクセスしてくる可能性はあるでしょう。しかし、昔のようにディレクトリからサイトを探すユーザーは近年かなり減ってきています。そのため、こうしたサイトに登録をされたと言ってもSEO的な効果はほとんど見込めない、というのが現状です。費用対効果を考えても、あまりオススメの対策とは言えないでしょう。