高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > nofollow・dofollowの違いと有効なリンクとは?

nofollow・dofollowの違いと有効なリンクとは?

リンクにはnofollowとdoflolowというものがあります。nofollowは検索エンジンに対し「このリンクを評価しないでください」といった意志を示すものです。もっと正確に言えば、リンク先にPageRankを渡さず、Googleのクロールを対象外にするという意味があります。 逆にdofollowとは「自発的なリンクですよ」という意味になります。とは言え、dofollowは特に設定を必要としません。「rel=nofollow」という記述がなければ自然にdofollowと見なされます。

nofollowが使われる理由

ではなぜnofollowという仕組みが必要になったのでしょうか?さまざまな理由はありますが、そのひとつとしてブログのコメントやSNSといった、一般ユーザーの書き込みがネットで多くなってきたことが挙げられます。

そのため、SEO目的でコメント欄に自分のサイトのリンクを張るスパムが横行し、PageRankが意図しない形で流れてしまうケースが多くなりました。こうした被害を防止するために、コメント欄はすべてnofollowにする、といった措置がとられる訳です。

中古ドメイン選びは良質なdofollowが付いているかをチェック

中古ドメインを購入する際には、被リンクの数などが大きな指標となります。その際には、nofollowの数よりもdofollowの数に注目するようにしましょう。評価の高い中古ドメインには、良質なdofollowが多いものです。中古ドメイン購入にはさまざまな注意点がありますが、こうした点もしっかり考慮するようにしましょう。