http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > バックリンク元の平均発リンク数とリンクの年数も中古ドメインでは考慮する点の1つ

バックリンク元の平均発リンク数とリンクの年数も中古ドメインでは考慮する点の1つ

せっかくお金を払って中古ドメインを購入するのですから、しっかりと効果の出るものを選びたいですよね? とは言え、経験が少なければどのように選べばよいか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで今回は、中古ドメインの選び方のポイントとして重要になる「バックリンク元の平均発リンク数」と「リンクの年数」について解説していきます。

ページランクだけでは質は計れない?

中古ドメインを選ぶ際、多くの方は「ページランク」を気にされると思います。しかし、現在Googleが提供しているページランクは更新が終了し、内容と評価がマッチしていないことも多いと言えます。そのため、別の項目から中古ドメインの質を判断する必要が出てきました。そこで注目すべきなのが「バックリンク元の平均発リンク」と「リンクの年数」です。

中古ドメインを総合的に評価するためのポイント

まずはバックリンク元の平均発リンクについて考えていきましょう。これは簡単に言うと、中古ドメインへ発リンクをしているバックリンク元のサイトにどれくらい力があるか、ということです。

もしもそのバックリンク元のサイトが、中古ドメインのみに発リンクをしているなら、パワーは100%その中古ドメインに注がれます。しかし、発リンクが他のサイトにもある場合には、その分パワーが分散されてしまう、といわけです。

とは言え、実際にはバックリンク元のサイトとの関連性なども関わってくる問題なので、単純に発リンク数で割り返されるわけではありません。しかし、中古ドメインを選ぶ際のひとつの判断基準となるでしょう。

もうひとつ注意しておきたいのがバックリンク元からの発リンクの年数です。当然、最近発せられたリンクよりも古くからのものの方が検索エンジンからは評価がされやすいと言えます。こうした点も考慮しながら中古ドメインは選ぶようにしましょう。

いかがでしたか? 中古ドメインを選ぶ際には、ついついページランクにばかり目が行きがちですが、今回ご紹介したようなポイントも必ず確認するようにしましょう。そして、総合的に評価の高い中古ドメインを見つけられるようにしてください。