高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > サーバーのIP分散とCクラス以上で分散する効果について

サーバーのIP分散とCクラス以上で分散する効果について

中古ドメインだけでなく、すべてのサイトのSEO対策を行う上で必須となる「IP分散」。しかしここで、注意しておかなければいけないのが「Cクラス以上」ということです。せっかく購入した中古ドメインであっても、これを誤るとペナルティを受けてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

被リンクは量よりも質が大切

被リンクによるSEO対策を行う上で重要となるのが「リンクの質」です。そこで行うのがIP分散です。これは、同一のIPアドレス からではなく、複数のIPアドレスからリンクを送るといった方法のことで、あくまで自然に貼られたリンクであるように見せかけるためのテクニックと言えるでしょう。

ちなみに、IP分散をしたからといって評価がされやすい、ということはありません。その逆で、IP分散をしないとせっかくのサイトが一気に順位が落ちてしまう可能性がある、ということです。

Cクラス以上の意味とは?

IPアドレスはクラスA~Dの4種類に分けられています。
例:210.172.103.22

上記の「210」がクラスAであり、その後「.」で区切られた右の数字の順にクラスが下がっていく仕組みです。

SEOを行う際には、例で言うところの「103」以上が違う数値になっていることが重要です。これが「Cクラス以上の分散」です。Cクラス以上で分散されていない状態でリンクを貼ると、検索エンジンはこれを不正なリンクと判断し、スパム扱いをされてしまう場合があります。

もしも中古ドメインを購入してSEO対策に利用するのであれば、こうしたIP分散についても考えておかなくてはなりません。そのため、サーバーを選ぶときには、IP分散サーバーをチョイスしたり、複数のサーバーと契約したりといった方法をとるようにしましょう。

いくら質の高い中古ドメインであったとしても、バックリンクのIPアドレスが同一のものであってはサイトに対する評価が上がりにくいのはもちろん、場合によってはペナルティを受けることも。せっかく購入した中古ドメインですから、できる限り有効に使えるよう慎重に取り扱ってください。