高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> > アンカーテキストの種類とアンカーテキストが分散されているかは重要?

アンカーテキストの種類とアンカーテキストが分散されているかは重要?

中古ドメインを購入した後にコンテンツを作成し、その後SEOを目的としてアンカーテキストに目的のサイトへのリンクを貼る際には気をつけなくてはいけないことがあります。その中のひとつが「アンカーテキストの分散」です。

被リンクというのは本来、自然に増えていかなくてはいけないものです。そのため、どんなに評価の高い中古ドメインを使ったとしても、自作自演で作られた被リンクはスパムフィルターに引っかかり、ペナルティーを受ける結果となります。

ですが、中古ドメインなどを購入してそれをバックリンク目的で利用する(もしくはこれにバックリンクをつける)のであれば、自作自演になるのは当然。そこで、アンカーテキストの書き方などを工夫し、あくまでナチュラルな被リンクであることを装わなくてはなりません。

1種類のアンカーテキストはNG

まずは悪い例として、アンカーテキストが分散されていない例を見てみましょう。

◎すべてのアンカーテキストが「キーワード」になっている

この「キーワード」とは、自身のサイトがどういった内容になっているかを示し、検索エンジンに知ってもらうために設定されるものです。たとえばクレジットカードの比較サイトであれば、「クレジットカード 比較」といったものになります。

しかし、すべてのバックリンク目的のサイトから同一のアンカーテキストで被リンクを受けるのはやはり不自然です。なぜなら、リンクの張り方というのは作成者それぞれ異なるのが当たり前。全員が一言一句一致しているのは、作為的となってしまうでしょう。

ナチュラルなリンクは複数の種類があるもの

アンカーテキストを自然に見せるためには、分散を行うのが基本です。先程の例であれば、以下のような種類のものを作ることができます。

・クレジットカートの比較サイトはこちら
・クレジットカードのメリットやデメリットを見比べられるサイト
・○○さんが教えてくれるクレジットカードの選び方
・サイトのURLのみ

このほかにも、切り口次第ではさまざまなアンカーテキストを作り出すことができます。せっかく中古ドメインを購入したなら有効活用したいもの。その際には、効果的な評価を受けられるようにアンカーテキストの分散を行いましょう。