http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> 初心者アフィリエイターへビッグキーワードで上位表示よりも効率良く稼ごう

初心者アフィリエイターへビッグキーワードで上位表示よりも効率良く稼ごう

初心者アフィリエイターならニッチキーワードを狙いましょう。ビッグなものを狙いすぎて上手くいかず、結局アフィリエイトそのものを諦めてしまうという方が多いようです。はじめは簡単でも稼ぎが良いところを調査することがオススメです。

ビッグとスモールの両方の良さを持ったワードを狙う

一般的に知られているものが、ビッグ、スモールと呼ばれる2つのキーワードです。前者はライバルサイトが多すぎて上位表示が困難ですし、後者は上位に表示されてもアクセスが少ないというデメリットがあります。

勘違いされがちなことですが、これらは必ずしも排他的な関係ではありません。ごくわずかですが、ライバルが少なく、上位に表示されたら多数のアクセスが稼げる単語が存在します。それがニッチキーワードであり、初心者が狙うべきところです。

専門的な知識や技術を持っているならそこから探す

ニッチなワードは一般人ならまだしも、SEOのプロならそれなりに知られているものばかりです。それでもサイト数が少ない何よりの理由は、記事の執筆に専門的な知識が必要ということです。

自分に何かしらの得意分野があれば、そこから掘り下げて特定のテーマを探していくことがオススメです。そのようなものはライバルが少なくお得です。仮に後になってライバルが参入してきても、先に始めたほうが大きなアドバンテージを持っています。

Googleの関連キーワードを使って探す裏技

ニッチなワードを簡単に探す方法はありません。ネットサーフィンでネタを探し、ツールで需要を分析するといった地道な作業を繰り返す必要があるでしょう。しかし、それは少々面倒な作業ですし、初心者アフィリエイターならなおさら難しい内容です。

そこでオススメの方法が、Googleの関連キーワードを利用することです。たとえば、ビックワードである「脱毛サロン」で検索すると、関連として「ミュゼ」や「メンズ」といったものがでてきます。そのような単語を組み合わせてサイトを作ります。

この方法ならライバルの数を絞れるため、上位にヒットさせやすくなります。それに加えて、「メンズで作ったから次はレディースも作る」といった拡張性もあります。

この作業でも良質な単語を見つけるまではかなりの作業がいりますが、漫然と探すよりはずっと短い手間で済むはずです。

<ニッチなワードとビッグキーワード両方を獲得する育て方>
SEO対策を始めたばかりのアフィリエイト初心者が「サプリメント」「株」といった大きな単語でランクを獲得することは困難です。しかし、だからといって意識的に避ける必要はありません。記事の更新を進めていくうちに、成果をあげる方法があります。

ビッグキーワードはそのジャンルを包括している言葉

そもそもビッグキーワードとは、検索数が多い単語を指します。具体的にいくつ以上ということはないため、この判断は相対的なものです。今回大切なことは、このような単語はライバルが多いということではなく、あるジャンルを包括している言葉だということです。

たとえば、「副業」という言葉は「アフィリエイト」「ドロップシッピング」といったさまざまなスモールなワードも含んでいます。前者の単語はさらに「ASP」や「成果報酬型」なども考えられます。

「副業」で上位表示させるためには、このような1つ1つの小さな要素も網羅させなければならないと言われています。

個別ページを充実させれば無理なくビッグが狙える

上記のような作業を「とんでもない手間だ」と感じる方が多いかもしれませんが、実は初心者からでも無理なく上位表示を狙う方法があります。それが、ビッグなものをトップページに、ニッチなものを個別ページに据えることです。

たとえば、トップは「副業」について書き、子ページに「ドロップシッピング」「アフィリエイト」といったような個別の内容を書きます。これによってあらゆる内容を網羅しながら両方のワードで上位表示が狙えます。

上記のような言葉の構造は意識したいところです。たとえば、サブページに「副業の収入」「副業の始め方」「副業の注意点」という構成はこの考え方に基づくのなら不適切でしょう。

初心者アフィリエイターこそニッチなワードは意識したいものです。最初に無理なくアクセスを稼ぐだけでなく、やがてビッグキーワードを狙うときにも応用ができます。