http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> 価値のある期限切れドメインを探す方法

価値のある期限切れドメインを探す方法

一般の方が期限切れドメインを見つけることは大変です。通常は地道な作業を繰り返して探していくしかないでしょう。場合によっては少々効果ですがツールを利用することも手です。

ネットサーフィンで探すことが一般的

もっともオーソドックスな方法は、検索サイトで地道に探していく方法です。いろいろなリンクを辿っていくと、期限切れになったことに気づかず放っておいているところがたくさん見つかります。

そのような場所では「このウェブページにアクセスできません」といった内容が表示されることがあり、その先が中古ドメインでゲットできる可能性があるものだと分かります。このようなものをいくつかピックアップしていき、ある程度数が溜まったらバックオーダー業者のサイトで取得できるか確認してみましょう。

コツはリンク切れを起こしやすいところを狙って探すことです。たとえば、創立から時間が立っているところが典型でしょう。ほかにも、無料素材集や地名で検索して表示されるところは見つかりやすいと言われています。

もしくは、レジストラを利用して探すという方法があります。これはドメイン名の登録申請を受けつける組織のことで、場所によっては中古リストを公開していることがあります。

現在ではこのような一連の作業をオートでおこなってくれるツールも販売されています。インターネット上にたくさんある期限切れのなかからとくに良いものを探したいときは購入を検討してみても良いでしょう。

<ページランク以外でドメインの価値を表す指標>
中古ドメインだからといって必ずしもSEO効果があるとは限りません。「高いお金をかけてようやく買ったのに、ぜんぜん効果がなかった」ということがないよう、取得前にはしっかりとその価値を調べておくことが必要です。

かつてはページランクで判断していた

これはGoogleがWebページの重要度をはかる指標としていたものです。被リンク数と質によって、0~10の11段階に分けており、以前はSEOに大きな影響を与えていたとされていました。

しかし、もともとが高かったからといって必ずしもそれを維持できるわけではなく、取得後いっきに下がってしまうことがあります。そのとき被リンク数が多くても、サイトの内容が変わった瞬間に外されてしまうことがあるためです。

それに加えて、2012年のペンギン・パンダアップデートによってこの数値の重要度がいっきに下がりました。2014年にはGoogleからページランクの更新を終了するという発表があり、今ではほとんど機能していないとも言われています。

期限切れを取得するときは、ページランク以外の要素で価値を見定める必要があるでしょう。

SEOMOZやAhrefなど第三者のツールを使って分析する

中古ドメインの価値を知る指標として、一般的にはSEOMOZのDomain AuthorityとPage Authority、AhrefのAhrefRANKなどが知られています。これらはそれぞれがGoogleのアルゴリズムを参考にしながらオリジナルの計算によって導き出しているものです。

どちらも同社のツールで調べられます。どちらのほうが信ぴょう性が高いという明確な比較はできないため、使っているソフトウェアの数値を採用すると良いでしょう。一般的にこれらの数値は絶対値ではなく、競合サイトとの相対性を見ると良いとされています。

また、DMT・DMRなども注目すべき指標の1つです。これらはそれぞれ、ドメイン単位の信頼度と人気度を示しています。とくにDMTがDMRよりも低い場合、スパムリンクしている可能性があります。ある日突然ペナルティを受けてしまうかもしれないため、このようなところは使用と避けましょう。

中古ドメインはネットサーフィンで探すことが一般的です。見つけた後はすぐに取得するのではなく、かならず質が良し悪しを確認してからにしましょう。

場合によってはSEOの効果が得られないどころか、普通のサイト運営をしていたにも関わらず突然ペナルティを受けてしまうことがあります。以前はページランクを元にした考えが基準でしたが、現在は第三者のツールを使って多角的に分析する必要があるでしょう。