http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> 中古ドメインを使うSEO業者はどの程度のノウハウを持っているのか?

中古ドメインを使うSEO業者はどの程度のノウハウを持っているのか?

SEO業者でよく見られる「リンクを100個つけます」という謳い文句はもはや過去のものになっています。このようなところに騙されてしまった場合、「効果がなかった」だけでは済まされないことがあります。

悪質なSEO業者はGoogleからペナルティを受けることも

バックリンクをつけることそのものはけっして無意味なわけではありません。ミドル・ビッグワードで上位表示を狙うならとても重要な要素です。しかし、現在のGoogleはそれだけでなく、コンテンツそのもののボリュームやクオリティーを求めています。

それに加えて、質の低いサイトを量産するだけのものはペナルティの対象になります。そのため、ただ「つけます」と言うだけの会社は利用すべきではないでしょう。高いお金を払って効果がないどころか、ペナルティで圏外に飛ばされたりインデックスから外されたりといった大損害を被ることも考えられます。

厄介なことは、業者側もそのようなリスクがあることを十分に承知しているということです。契約書に「作業によって障害や損失があっても賠償しない」といったことがすでに書かれているなどして、全力で保身に走っています。

ペンギン・パンダアップデートによってこのようなSEO業者は大打撃を受けましたが、現在でも上記のような悪徳な手口が横行しています。見積もり金額が安いところだけを選んで被害にあわないよう、依頼する場所は徹底的に選びましょう。

施工内容を細かく聞いて業者のノウハウを知る

質の良いSEO業者を探すためには、実際にどのような作業をおこなっているかを聞くことが1番です。なかには「企業秘密」だというところがありますが、それでも方針程度なら聞けるはずです。それすらも秘匿にするようなら疑ってかかったほうが良いでしょう。

上記のようにただ「つけます」と言うだけの場所ならペナルティを受けてしまう恐れがあるためオススメできません。サイト内部の修正等もいっしょにおこなっている業者の方が、信頼度は高いと言って良いでしょう。

できるだけ施工内容は詳細に聞いておきたいものです。タイトルや記事構成を変更する、関連テーマを持っているサイトに相互リンクの依頼を出すといったものがあります。バックリンクをつける場合は実例を確認できたらベストです。隠しテキストやJavaScriptを使ったスパムを利用している可能性は必ずしもゼロではありません。

<SEO対策でターゲットキーワードを上位表示させるには中古ドメインは必要>
ペンギン・パンダアップデートによってスパムがペナルティを受けるようになってから、「中古ドメインは不用だ!」という意見が増えています。しかし、人気の単語で上位表示を狙うのなら、このようなものを活用することは必要不可欠です。

中古ドメインやバックリンクの有用性が消えたわけではない

サイト作りにおいてコンテンツ重視ということ自体は重要なことです。スモールワード・ニッチなキーワードでPVとCVRを上げるなら何より意識するところでしょう。

しかし、アップデートを意識しすぎて「内容だけ意識すれば良い」ということは極端な考えです。現在もGoogleの検索順位はリンクの数をしっかりと加味しています。そのため、ミドルワード・ビッグワードで上位表示を狙うのなら中古ドメインを使ったバックリンクでSEO対策することは重要です。

Googleのアップデートはユーザーにより質が高い情報を提供することを趣旨としていますから、それに背いてさえいなければまったく問題はありません。

バックリンクをつけるだけのSEO業者には注意しましょう。効果がないばかりかペナルティを受けて損害が出るリスクがあります。必ず依頼前に施工内容を確認しておきましょう。

アップデートの影響から「中古ドメインはいらない」という風習がありますが、実際には今も重要な役割を持っています。量ではなく質を重視して利用すれば、有用な効果が得られるはずです。