http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> 中古ドメインを使うとリスクはあるのか?

中古ドメインを使うとリスクはあるのか?

中古ドメインを使うことで過去の被リンクを受け継ぎ、検索エンジンで上位に表示されると言われています。しかし、その一方でリスクがつきまとうことを忘れてはいけません。

ペナルティやブラックリストを避けるためにも事前調査が需要

中古ドメインは被リンクやGoogleの評価などさまざまなものを引き継げます。しかし、それらは必ずしも良いものだけとは限りません。昔ペナルティをもらったりブラックリストに掲載されたドメインでは、それすらも受け継いでしまう可能性があります。

「恩恵を得るために中古ドメインを購入した」という方ほどこのリスクは大きいでしょう。質の高いものはバックリンクの数が多く、そのなかにスパムが潜んでいることが多いためです。

被リンク数の少ないものをチョイスすればリスクは比較的小さいかもしれませんが、それでは中古を使うメリットが薄まります。リスクを避けつつもしっかりと恩恵を得るためには、ターゲットとしているドメインの状況をあらかじめ分析するといった手間が必要不可欠となるはずです。

とくにメインサイトに中古ドメインを使うことはリスキー

過去にペナルティを受けていた場合、再審査をするかいっそのこと放棄してしまうことで解決できるでしょう。しかし、いずれにせよページを検索エンジンに載せるためにはかなりの期間がかかります。

そのため、とくにメインサイトに中古ドメインを使うことはオススメできません。アフィリエイトで収入を狙っていたなら、時間的にも金銭的にもかなりの損失が出てしまいます。

リスクを避けるべき場所は新規で取得し、サテライトなどで中古を利用することが適切な運用方法だと言えるでしょう。

<ペナルティ判定になる理由と解除方法>
Googleのペナルティは公式のガイドラインを基準としておこなっています。万が一受けた場合解除にかなり手間がかかるため、そうならないようサイト運営の前には必ず確認しておきたい文章です。

処置は2種類だがとくに手動処置に注意

1つはGoogleのアルゴリズムによってオートで付与されてしまうものです。これは頻度が多いものの順位にそこまで影響せず、インデックスから削除されるといった重い罰もおこなわれていないと言われています。

もう1つは社員による手動処置です。影響がかなり重く、順位が圏外に飛ばされる、インデックスから削除されるといったことがあります。変化がとても分かりやすく、Googleが提供しているウェブマスターツールからもすぐに確認できます。

ペナルティやブラックリスト判定の基準は公式のガイドラインから

Googleが定めている「品質に関するガイドライン」を逸脱しているためです。これは公式からチェックできるため、ホームページ運営のときは必ずチェックしましょう。

さまざまな内容が書いてありますが、リスクがあるものとして以下のような項目あるため、SEO的な戦術を立てる上でも注意しておきたいところでしょう。

・隠しテキストや有料リンクなどの使用
・キーワードの過度な詰め込み
・ほかサイトとの重複コンテンツ
・オリジナルコンテンツがない
・ページランクを意図的に操作する設定

再審査申請はかなりの手間

万が一ペナルティを受けていた場合は、ウェブマスターツールを使って修正します。

1)本当に受けているのか確認する
これはウェブマスターツールで確認できます。原因についても記載されているため、それをもとに(2)の作業をおこないます。

2)サイト内の原因となっている部分を修正する
(1)の情報をもとにおこなえば問題ありません。ただし、もし原因が外部リンクにあった場合、それぞれのサイト管理者と連絡を取り合う必要が出てくるでしょう。どうしても行き詰まった場合はGoogleの「リンクの否認機能」を利用します。

3)最審査リクエストを送る
修正内容や実際におこなったことなどをレポートにまとめた上で、Googleに送ります。かなり詳細に記述しなければならないと言われています。

中古ドメインを取得するときはペナルティのリスクがあることを意識しましょう。解除するためにはGoogleに最審査してもらわなければなりません。かなり手間がかかる作業ですから、事前の調査からしっかりとおこないたいものです。