http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> リダイレクトの種類

リダイレクトの種類

ある指定したドメインからほかのところに転送させる機能を持つリダイレクト。
実は2つの種類が存在し、それぞれ違った意味と効果を持っています。

恒久的か一時的かの違いがある

1つ目が「301」と呼ばれるものです。Permanent Redirectともいわれており、恒久的に転送を続けることを意味します。2つ目が「302」と呼ばれるものです。Temporary Redirectともいわれており、一時的に転送することを意味します。

<リダイレクトはどういう時に使うのか?効果とは?>
301と302の2種類があるリダイレクトはそれぞれに用途があります。検索エンジンの解釈も違い、SEOに関わる部分もあるため、ケース・バイ・ケースで使い分けていきましょう。

ドメイン移転時に使うことがほとんど

もっとも多い使い道はホームページの引っ越しをするときです。これについては「サーバーと一括管理したい」「サービスが良いところに変えたい」「ペナルティを受けてしまった」といったさまざまな理由があるでしょう。

古いドメインから新しいものに転送することで、今までコンテンツを見ていた人がスムーズに新しいサイトに移行できるようになります。これがないとページをブックマークしていた人がページを見られなくなってしまうため、欠かさず使っておきたいものです。

一般にドメインの移管は301

引っ越しのときは、すぐに戻ってくる場合でなければ301を使うことが普通です。これはSEOの面でも意味があり、けっして「どちらでも良い」というわけではありません。

このことはリダイレクト元の旧サイトをGoogleでサーチしてみるとわかります。301を用いた場合、検索結果から古いものが消えており新しいサイトが表示されるはずです。これは検索エンジンが「恒久的に移動しているため、元のサイトはもう使わない」と解釈しているためです。

一方で302を用いた場合、結果には旧サイトが表示されます。これは検索エンジンが「ひとまずに移動しただけでまた戻ってくる」と解釈しているためです。

このような違いは単に見た目だけでなく、検索エンジンの評価にも関係します。301は被リンク面における評価を新規URLに引き継いでくれますが、302はそれをおこないません。つまり、後者で引っ越ししてしまうと今まで苦労して上げてきた評価がリセットされてしまうため要注意です。

ペナルティを受けた中古ドメインを利用できるようにする裏技

サイトを引っ越しするときは301を使うことが普通です。しかし、あるケースによっては302のほうが役立つこともあります。

それは検索エンジンでペナルティを受けたときです。301を使うとこの悪い評価も引き継いでしまいます。そこで302を使うことで悪いものをその場に残し、良いものだけを持っていくという裏技が使われていました。

引っ越し以外でも使われる301

301はURLの正規化という用途でも使われています。これは同じコンテンツに複数のURLがあてられているときを考えます。たとえば、「www.」「index.html」がついているものとそうでないものが混在しているなどが挙げられます。

このようなとき、Googleの評価はそれぞれのページに分散してしまっているためSEOの面では非効率的です。そこで、301を使って1つにまとめてしまうことが有効だと言われています。サイトが整理できるため管理も楽になるでしょう。

ここで人によって思いつくことが、中古ドメインをたくさん取得し1つのドメインに301することです。これで評価を1箇所に集めてアクセスアップが狙えそうではあります。

しかし、このような方法は検索エンジンのペナルティを受けてしまう可能性があるため推奨されていません。なお、普通の用途でリダイレクトする分には問題ないようです。

リダイレクトには2種類があり、それぞれ細かな意味や用途が違います。SEOの面ではとくに重要な要素が含まれているため、アクセスアップを狙うなら必ず抑えておきたいところです。