http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> バックオーダーとオークションの違い

バックオーダーとオークションの違い

中古ドメインを取得するときはバックオーダー業者に依頼することがオススメです。自力で取るよりも期待値がアップしますが、場合によってはオークションによってかなりコストがかかってしまう点には気をつけましょう。

期限切れを自力ではなくプロに取ってもらう

そもそも中古ドメインとは、一定期間更新されずに期限切れとなったものを指します。Googleをはじめとする検索エンジンでは歴史のあるサイトほど評価が高いため、このように今までの経歴がつまっているものはSEO的に有用です。

優良なものならぜひともゲットしたいところですが、一般人には少し難しいことが現実です。プロのアフィリエイターやSEOの専門家、投資家などは期限が切れそうななかで優良なものをあらかじめ調査しており、なかには業者同士が裏で手を組んでいるパターンもあるためです。

そこで活用したいものがバックオーダー業者です。これはあらかじめ依頼した期限切れドメインがリリースされ次第取得してもらうというもの。無事ゲットできたら、お金を支払います。

競合がいた場合はオークションに移行

バックオーダーは必ずしも自分が使えるとは限らないという点には注意しましょう。この原因はおもに2つあり、1つは業者が取得できなかったケースです。この場合、基本的にユーザーは料金を支払う必要がないため、諦めて次のターゲットに切り替えましょう。

そしてもう1つが、ほかの人が同じものを狙っていたケースです。このときはオークションをおこなって利用者を決めます。仕組みは高い額を提示したほうがゲットできるという基本的なものです。

これらの注意点は、バックオーダーの場合は取得代だけコストがかかりますが、オークションはそこからさらに落札の費用もかかるということです。思わぬ出費にならないよう、予算はしっかりと考慮しておきたいものです。

安く取るなら日本よりも海外バックオーダー

JPの中古ドメインはオークションでも高いと言われています。また、リリースも毎月1回のみでチャンスが少ない傾向があります。

そこで狙うべきは海外です。COMやORG、NETなどは毎日リリースされており、価格も安めと言われているためです。取引は海外の業者がメインになるため外国語の知識が必要ですが、翻訳ソフトを活用すれば対応できるレベルのため、安く済ませたいなら検討してみましょう。

中古ドメインを利用するときは自力ではなくプロに依頼すると取得率がアップします。オークションになれば費用がかさむため、余分に予算を確保しておきましょう。安く済ませるなら、COMやORG、NETといったものも検討しておくと良いでしょう。