http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> ディープリンクの仕組みについて

ディープリンクの仕組みについて

アクセスアップを狙うならディープリンクが重要です。SEOに慣れていないときは何かとトップページにつなげてしまいがちですが、ときにはサブページに貼ってみると有効なケースもあります。

ユーザビリティとSEOの双方から見た3つのメリット

そもそも、ディープリンクとはあるサイトのトップページ以外のリンクのことを指します。これはSEOとユーザビリティどちらの面でもメリットが見られます。

・ユーザーが望んだ情報がすぐに表示される
アンカーをクリックするユーザーは、「さらなる情報を知りたい」と目的を持っていることがほとんどです。そのため、トップを開かせて「どれでも好きな情報をご覧ください」とすることは、ときによっては不適切です。場合によってはユーザーがフラストレーションを感じてページを閉じてしまうことも考えられるでしょう。

たとえば、ダイエットに関する記事に「Aというサプリメントがすごい!」というテキストからさらに次のページに飛ぶとしたら、その先はトップである「サプリメント」ではなく、よりディープな位置に存在している「商品A」につながっていることが自然です。

・リンクデータが改善される
アンカーテキストや飛んだ先が偏ることは不自然で、SEOの面でも良くないとされています。場合によっては検索エンジンからのペナルティを受けてしまうこともあるでしょう。

とくに、つながった先がトップページに偏ってしまうということはありがちです。そこで意図的にディープリンクを使うことで、ナチュラルに散らばったリンクデータができあがります。

・新たなユーザー層を開拓できる
サイトによっては、サブページにメインとは少し違った趣旨のコンテンツが含まれていることがあります。たとえば、ダイエットを趣旨としているところで1つだけ妊活に関する記事が含まれているといったものです。

このような構成はメインとなるナビゲーションさえ損なわれていなければ問題がないとされています。むしろ、その例外的なページに誘導するディープリンクを設置することで、妊活にたいしても安定したトラフィックが獲得できるようです。

また、もしもそのようなページにある一貫したテーマがあれば、ロングテールのフレーズをかき集めてビックワードでランクゲットできるチャンスにもなります。たとえば、ダイエット、妊活などそれぞれの記事にディープリンクを貼り、最終的にサプリメントというワードをプッシュするといったものです。

<中古ドメインを使ってサテライトを作るだけでは有料リンクにはならない?>
メインとなるページへのアクセスを増やすために立ち上げるサテライトサイト。Googleの評価を下げる原因になりかねないためか、作ることを忌避する方が多いようです。しかし、やり方次第ではナチュラルにできる可能性も十分にあるでしょう。

ディープリンクを駆使して偏りを解消する

たとえば、脱毛の記事を書いているサイトをターゲットとしているシチュエーションでは、有料リンク業者に頼むと以下のように価値が低いものを作られてしまうことが多いと言われています。

・サイトのテーマがマッチしておらず、たとえばキャッシング系である
・過去にペナルティを受けていた、もしくは現在受けている恐れがあるドメインを使っている
・アンカーテキストがすべて同じ
・1度に大量のリンクをつける

サテライトサイトを作るときは、上記のような有料や自作自演だと認識されてしまう原因を取り除くことが重要です。リンク先やアンカーテキストの内容、タイミングを分散させて、量の調整をおこなえば、ペナルティを受ける可能性を多少は回避できるはずです。

中古ドメインを使ってサテライトを作ることはリスクがあるものの有効な手段でもあります。ペナルティを避けるためには、ナチュラルになるようさまざまな要素を分散させることが重要です。この際には、ディープリンクの知識がきっと役に立つことでしょう。