http:// 高ランク、
高品質な中古ドメインを取得
条件やキーワードでドメインを検索。会員登録ですべてのドメインを表示できます。 新規会員登録 ログイン

中古ドメインを検索

条件を指定して検索する

販売ドメインリスト

アットオールドドメインランクAt old Domain Rank

オーソリティサイト被リンクAuthority site Back Link

トップレベルドメインTop Level Domain

ドメイン年数Domain Age

価格別リストPrice List

記事カテゴリの一覧

MENU

お支払い方法PayPal

> サイトやブログの記事追加や更新は重要

サイトやブログの記事追加や更新は重要

「ホームページはとにかくたくさん作れば良い」という考え方ではアクセスアップに限界が出てきます。これは、ユーザー・検索エンジンともに、定期的に更新されているサイトやブログを評価しているためです。

定期的に更新しているサイトはユーザーの目を引く

ホームページを閲覧する人々のほとんどが望んでいるものが情報です。それも、古いものはすでに知っている、もしくは有用性が低いことが多いため、とくに新規性が求められています。

そのため、更新していないサイトやブログは見向きされません。たとえば、新作ゲーム情報を提供しているはずのブログが2000年台から記事の更新を止めていたら誰も見ないはずです。リピーターを増やして全体のビュー数を獲得するには、「定期的に見ていれば面白い情報が手に入るかもしれない」と読者の期待を高めることが重要でしょう。

特定のキーワードにたいする網羅性を意識した更新が重要

実は、Googleの評価はサイトが更新されているかどうかも加味しています。これはユーザーに上記のような心理があることを考慮しているほか、新しい記事は情報の信ぴょう性やユーザビリティが高いと考えられているためです。

たとえば、法律に関わるサイトの場合、法改正がされたあとに更新がされなければ誤った情報になってしまうリスクがあります。そのため信ぴょう性が低いと判断され、Googleの評価も下がってしまうでしょう。

副業においても、マイナンバー制度が導入されたことで「会社にバレるリスクがあると聞いた」といった疑問があがっていました。それについて言及していなければ、ユーザビリティが高いとは言いがたいとして評価もそれなりのはずです。このように特定のキーワードにたいするいかに情報を網羅させていくかが重要視されています。

<ターゲットキーワードと共起語は入れればいいだけではなくなった>
Googleの評価アルゴリズムは日々進化しています。以前は簡単なテクニックでアクセスアップが狙えましたが、現在はより質の高い記事がなければ難しくなっているようです。

キーワードを詰め込んだだけの不自然な文章はNG

検索エンジンがまだ簡単な方法でしか評価できなかった時代では、以下のような文章が横行していました。

「格安航空券を買うなら格安航空券で検索して格安航空券を販売しているサイトで格安航空券を買うのが1番効率が良い」

これは記事にメインキーワードをとにかく詰め込んだものです。しかし、現在のGoogleはキーワードだけを観ているのではなく文脈も観ており、上記は不自然な文章であるということで評価が落ちる原因になっています。

また、このようなコンテンツを作っている競合がたくさんいることもあり、単にターゲットキーワードを詰め込んだだけではアクセスアップには繋がりにくいことが現実です。

共起語を入れてナチュラルな文章を作る

あるワードが出てきたときに、とくにいっしょに出てきやすい単語のことを共起語といいます。たとえば、「格安航空券」にたいしては「東京」「札幌」といったよく飛行機が発着するような場所、「早割」や「株式優待」といった料金プラン、「購入」「入手」といった動詞などが挙げられます。

検索エンジンは共起語が含まれているかどうかで文脈の自然さを分析していると言われています。そのため、これらのワードを文章中に入れることは重要です。

ただし、ただ共起語を記事のなかに適当に入れれば良いわけではありません。あくまでも自然な文章で書くことを第一に考え、そのなかに上手に共起語を入れていくことが理想です。たとえば、上記の格安航空券の文章は以下のように書き換えられるでしょう。

「東京⇒札幌の片道航空券を格安で購入したいなら、早割か株主優待券を使って買うと格安で航空券を入手する事が出来る」

アクセスアップを狙うためには定期的に更新する必要があります。それも、ただ適当に文章を追加するだけでなく、情報を網羅することと意味がある記事を書くことが重要です。過去にあったようにただキーワードを詰め込んで放置するだけでは意味がなく、より質の高いサイトやブログが求められています。